喰うなら喰やれ  1-1

 アタシにはおねえちゃんがたくさんいるの。みんなどこへいってるのかはしらないけど、いまは
うちにいない。けど、アタシにはおねえちゃんがたくさんいるの。アタシはたくさんのおねえちゃん
にあそんでもらったんだから。おとうさんは『おねえちゃんたちはいそがしくて、たまにしかうちに
かえってこれない。それで、かえってきたときはリザといっしょにいっぱいあそぶんだ。でも、お
ねえちゃんたちはいそがしいから、またすぐにどこかへいっちゃうんだ。さびしいけど、すぐに
ね』っていってた。だからおねえちゃんたちはうちにかえってきても、すぐにどこかへいっちゃう。
それで、いつかかえってくる。でも、まだもういっかいかえってきたおねえちゃんはいないんだ。
でもしかたないよね、おねえちゃんたち、みんないそがしいんだから。
 アタシには、おねえちゃんがいっぱいいるの。



第1話


 『探すなキケン   父』
 そんなふざけた書き置きを残して、父さんは消えた。一月ほど前のことだ。
 神様っているのかな。もし居たら、それはとても不公平な性格を持った存在なんだろう。もしそ
うじゃないのなら、なんでウチは貧乏で、どうして領主様の屋敷はあんなに大きいのだろう。どう
してアタシは一人で、領主様には奥様や老いたご両親に加えて子供達や孫達が居るのだろうか。
牧師様の言うこともおかしい。『神様は死後の世界において、平等な決まりを御作りになった。生
きているうちにどれだけ清い行いをしたかによって、死後に住める世界が変わる。だから教会に
寄付をして、善行を積みなさい。寄付というのは生きているうちにできるもっともわかりやすい善
行で…』とかうんぬんかんぬん。それって結局はお金をたくさん持ってる人しか救われないんじ
ゃないの?そのことを牧師様に言うと、ものすごく嫌な顔をされて追い返される。ひどいときなん
か水を使ってまで追い払おうとする。あれは雑巾でも洗った後の水だったのかな。ひどく臭った。
悔しいから窓に石を投げてやったら、ガラスは粉々、中から悲鳴が聞こえた。ざまあみろ。後で
聞いた話だと、アタシが投げた石はガラスだけじゃなく聖母像の頭も壊していたそうだ。とっくに
死んだおばさんのことをいつまでもありがたく崇めてる人たちの気が知れない。
 アタシは神様なんて信じない。目には見えないし、触れもしない。そんなものをどうやって信じ
ろというのか。たまに『私には神の声が聞こえる』とか言ってる人が居る。大体の宗教の『教祖
様』達は、みんな口をそろえて言っている。声なんて絶対に聞こえない。だっていないんですも
の。もしも聞こえる人がいたら、それは単に気が狂ってるだけでしょ?とにかく、アタシは神様を
信じてない。信じてないだけじゃなく、殺したいほど憎んでる。絶対に手を合わせたり、顔を地面
にへばりつけるように平伏なんてしてたまるか。信じるとしたら悪魔だろう。もし悪魔がいるのなら、
この世に不公平が溢れているのは納得がいく。
 …なんでアタシはこんなこと考えてるんだろう。ああ、そうか。これは夢か。どうりで普段考え
ないような変なことばかり考えるわけだ。それでさっきからアタシの後ろに誰かが居るわけね。
ていうか、なんでこの人はアタシの首にタトゥーを彫っているのだろう。顔が見たい。けれどフー
ドをかぶっててそれは見えない。一針一針、私の体に刻まれていく。それはじわりじわりと広がり、
やがては全身に。そして最後の仕上げとでも言わんばかりに眼球に迫る針…。
「キャーーーーーーーーーーーーッ!」
 単なる悪夢だった。でも、アタシは冷静ではいられなかった。気づくとそこはいつものアタシの
部屋で、アタシのベッド。心臓は狂った調子で脈打っている。本当に嫌な夢…!こんなに疲れた
夢は見たこと無かった。あ、ひとつだけあったかな。でも…どんなのだったっけ?忘れちゃった。
さて、夢にいつまでもこだわっていちゃいけない。そんなことしてたら、アタシの嫌いな教祖様達
と一緒になっちゃう。あれ、まだ寝ぼけてる?まぁ、どうでもいいけどね。今日はいつもは人の来
ないうちのレストランに、お客さんが確実に来る日。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

関白大将軍
2005年03月13日 16:34
神様いないに賛成(笑)最初の漢字無しの文章が、その後の文章に興味を持たせる感じで→好き、子供時代って感じがイイ。これから、どーなりますか。

この記事へのトラックバック